アントニー・ゴームリー 彫刻プロジェクト IN 葉山 プロジェクトドキュメント 完成

アントニー・ゴームリー 彫刻プロジェクト IN 葉山 プロジェクトドキュメント
アントニー・ゴームリー彫刻プロジェクト IN 葉山 プロジェクトドキュメントが完成しました。
プロジェクトの開始から像の撤去までを追ったドキュメントです。
go-1
Two Times  DVD
ここのような形でパンフレットにDVDが同封されています
すでに近代美術館葉山で上映を行い、お陰様でご好評をいただくことができました。
DVDはパンフレットとともに各地の美術関係者へ配布されます。

ゴームリーと佇む

 

アントニー・ゴームリー氏の鋳像が展示中の神奈川県立近代美術館葉山で、ワークショップ「ゴームリーと佇む 『音点(おとだて)』」が行われました。らくだスタジオは記録映像の撮影を行いました。
Hayama_Gormley-WS1_2012-12-16
サウンド・アーティストの鈴木昭男氏を講師としてお迎えして、屋外でお茶を点てる「野点」のように、像の設置されている葉山館周囲の音をゆっくりと鑑賞する「音点」が行われました。
葉山館は海と山に挟まれ、自動車の走る道路や民家もあり、耳を澄ませてみると驚くほど様々な音が聞こえてきます。
葉山館では来年3月頃まで像の展示を行なうようです。また葉山館では今後も興味深いワークショップが行われる予定です。公式ページから今後のスケジュールや最新の情報の確認ができます。
夏に設置をしたゴームリー像も、潮風の影響でよく見ると趣が変わって来ました。一度訪れたことのある方も、ワークショップに参加して、変化した表情を鑑賞してみてはいかがでしょうか。
(中岡)
  • ワークショップ(2)1月20日「形の内と外 – 形をとる」
  • ワークショップ(3)2月2日「能を体験しよう」

らくだスタジオ ホームページ (http://www.rakudastudio.com/)

  • らくだスタジオではワークショップの撮影を承っております。お気軽にお申し付けください。

東京都美術館フォーラム2012

11月23日に東京都美術館で「東京都美術館フォーラム2012」が行われました。らくだスタジオでは記録映像の撮影を行いました。

フォーラムのテーマは「コミュニケーションデザイン」ということで、美術館が人々をつなぐコミュニケーションの拠点になりうるかということを考えるフォーラムでした。

メトロポリタン美術館からジョセフ・ロー氏、テリーサ・ライ氏を迎えた講演では、ニューヨークのメトロポリタン美術館の先進的な試みが紹介されており、フォーラムのなかでも特に印象的でした。

実験的な取組のひとつとして紹介されていたのが、Connections と呼ばれるウェブサイトです。
ここではメトロポリタン美術館で働く人々が、ひとつのテーマといくつかの作品について個人的な見解を述べています。
語られている作品は、必ずしもその人の専門ではありません。そのことが内部でも当初は反撥を呼んだようですが、活動を続けていくうちに受け入れれたとそうです。
Connectionsの一例を見た後、作品はこういうふうに見なくてはいけないというような堅苦しさや、そのために感じる美術館に対する敷居の高さが取り払われたようなきがしました。プロジェクトを率いたテリーサ・ライ氏の意図も、おそらくそこにあったのではないでしょうか。

貯蔵する美術館から、市民へ向けて積極的に発信・開放していく美術館へ。美術館の新しい取り組み、面白い取り組みは今後ますます期待できると感じました。

Connections は以下のリンクの先から見ることができます。

Connections – The Metropolitan Museum of Art
http://www.metmuseum.org/connections/

(中岡)

アントニー・ゴームリー氏来日イベント 神奈川県立近代美術館葉山

11/4に近代美術館・葉山館にてアントニー・ゴームリー氏来日イベントが行われました。らくだスタジオはその記録映像の撮影を行いました。
写真1:作品の前で解説をするゴームリー氏:提供・藤島亮氏
写真1:作品の前で解説をするゴームリー氏:提供・藤島亮氏
葉山館には2体のゴームリー像が立っています。ひとつは地面に立っている像で、もうひとつは屋上にたっている像です。前者は私たちと同じ地面に立っており、触れることができる。そして後者は近づくことも触れることも出来ないーーゴームリー氏はこの非対称性を強調していました。
写真2:作品に手を当てるゴームリー氏 :提供・藤島亮氏
写真2:作品に手を当てるゴームリー氏
:提供・藤島亮氏
2つ目の写真は、ゴームリー氏が地面に立っている方の像を自らの手で触れているところです。この日の葉山は天候に恵まれ、日中は心地良い太陽の光が降り注いでいました。そのため鉄でできた像は熱を帯びており、ゴームリー氏も他の方たちに実際に触れてそのことを感じてほしいとおっしゃっていました。
「作品に触れて、その温度を感じて欲しい」ゴームリー氏の作品の特殊性がみてとれる印象的な場面でした。
神奈川県立近代美術館・葉山では3月初頭まで作品を設置している予定です。作品の温かさーあるいは冷たさーを感じるために、まだ直接触っていない方は実際に伺ってみてはいかがでしょうか。(中岡)
公式サイト:

 

アントニー・ゴームリー 彫刻プロジェクト IN 葉山

現在、神奈川県立近代美術館葉山館では「アントニー・ゴームリー 彫刻プロジェクト IN 葉山 TWO TIMES - ふたつの時間」が行われています。らくだスタジオでは、アーカイブ映像の制作として本プロジェクトに携わっています。

葉山館のすぐそばの海に対峙するように一体(写真1)、屋上で山に向かう形で一体、合わせて二対の鋳像が設置されています。この鋳像はアントニー・ゴームリー氏本人の体の型をとって作られています。触ってみると、中身が空洞ではなくしっかりと詰まっているのがわかります。
ゴームリー像
写真1:葉山、2012/8/18
らくだスタジオでは今年の8月に、鋳像の設置作業の撮影を行いました。鋳像を安定させるために、海辺の一体には地中にコンクリートの台を埋め込み、屋上のものにも頑丈な土台が作られています。
鑑賞のおすすめスポットは、東屋前の鋳像から見上げて、屋上のもうひとつの像が見える所です(写真2)。二体が向かい合うのではなく、それぞれ海と山を見ているのが面白い点だと感じました。
写真2:葉山、2012/8/18
写真2:葉山、2012/8/18
展示は2013年3月初旬まで行われるようです。写真などで見るものと、実際に見て触ってみるのでは違う印象ですので、興味をお持ちの方はぜひ脚を運んでみてはいかがでしょうか。
(中岡)
イベントなどの最新情報はオフィシャルサイトをご確認ください。