『二十歳の無言館』上映会を行いました

6月22、23日の2日間に渡って開催させていただきました『二十歳の無言館』上映会、おかげさまで大盛況のうちに終了いたしました。ご来場いただいた多くの皆様、誠にありがとうございました。 『二十歳の無言館』は今後も上映の機会を設けていく予定ですので、今後とも本作品を何卒よろしくお願いいたします。

 

アフタートーク

『青色の画布』8/8上田映劇上映会

 

8/8に上田映劇で開催された「青色の画布」上映会は、実行委員会のご尽力のもと大成功に終わりました。来場者数120名、座席は一杯になりました。遅い時間にも関わらず最後までご鑑賞頂きありがとうございました。
上映会の後は、無言館 館主の窪島誠一郎氏をお呼びしてトークショー。多くのアンケートを頂きましたので、ここで一部ご紹介します。
・素晴らしい映画でした。中学の頃の自分の気持ちを重ねあわせてみていました。同じ年代の子ども達にも見てもらいたいなと思いました。今の苦しい気持ち、自分一人が抱えているのではないということを感じることができるのではないしでしょうが。
・この小学校の子どもたちは幸せだと思う。絵と向き合うことで、自分と向き合っている。多感なこの頃に、こうした経験をしたこと、得がたい幸せだと思う。こうした取り組みが広がっていくことで、学校も変わっていくのではと思う。沢山の方に見てもらいたい映画です。
・人の成長を見ることができた、そんな思いです。子ども(青少年)の素直で、複雑な心の動きがとても印象的でした。絵を見て語ることが、こんなに人の個性をあらわすのはおもしろいと思いました。絵の持つパワー、役割を感じました。
最後になりましたが、本上映会にご協力くださった信州上田上映実行委員会の皆様に心から感謝致します。
(森内)
上田映劇、2012/8/8
上田映劇、2012/8/8