ゴームリーと佇む

 

アントニー・ゴームリー氏の鋳像が展示中の神奈川県立近代美術館葉山で、ワークショップ「ゴームリーと佇む 『音点(おとだて)』」が行われました。らくだスタジオは記録映像の撮影を行いました。
Hayama_Gormley-WS1_2012-12-16
サウンド・アーティストの鈴木昭男氏を講師としてお迎えして、屋外でお茶を点てる「野点」のように、像の設置されている葉山館周囲の音をゆっくりと鑑賞する「音点」が行われました。
葉山館は海と山に挟まれ、自動車の走る道路や民家もあり、耳を澄ませてみると驚くほど様々な音が聞こえてきます。
葉山館では来年3月頃まで像の展示を行なうようです。また葉山館では今後も興味深いワークショップが行われる予定です。公式ページから今後のスケジュールや最新の情報の確認ができます。
夏に設置をしたゴームリー像も、潮風の影響でよく見ると趣が変わって来ました。一度訪れたことのある方も、ワークショップに参加して、変化した表情を鑑賞してみてはいかがでしょうか。
(中岡)
  • ワークショップ(2)1月20日「形の内と外 – 形をとる」
  • ワークショップ(3)2月2日「能を体験しよう」

らくだスタジオ ホームページ (http://www.rakudastudio.com/)

  • らくだスタジオではワークショップの撮影を承っております。お気軽にお申し付けください。

なんとかナーレ2012

2012年11月30日から12月2日の3日間、横浜国立大学附属鎌倉小学校で「なんとかナーレ2012」が行われました。
「なんとかナーレ」は鎌倉小学校という普段から使われている小学校をまるごとアートスペースにしてしまうという試みです。

2009年に最初のなんとかナーレが開催されて、今回で3回目となりました。らくだスタジオでは、その3回すべてを記録映像の撮影として参加しています。

写真①:グラウンド
写真①:グラウンド
校門をくぐると、グラウンドに白線で描かれた「妄想の都市」が目に入ります(滝沢達史さんによる『Down Town』『妄想都市』)
写真②:校舎内の作品
写真②:校舎内の作品

校内の至る場所に、アーティストによる作品と生徒による作品が見られます。作品のジャンルも、インスタレーション・絵画・映像・音楽・写真と多種多様です。写真②は、生徒たちによる素朴な質問に鑑賞者が返答を書いて瓶に入れるという作品です。

個人的に印象に残ったのが、6年1組の生徒たちの作品『光と影のインスタレーション』です。教室という空間を新聞紙と写真で埋め尽くしたものですが、テーマだけではなく照明や音響を含めて完成度の高いものでした。

写真③:体育館、ソロダンス公演の様子
写真③:体育館、ソロダンス公演の様子

写真③は、舞踏家の櫻井郁也さんによるソロ公演の様子です。ピアニストの寒川晶子さんの「ドの音しかでないピアノ」の演奏も相まって、独特の雰囲気をかもしていました。

大盛況のうちに幕を閉じた「なんとかナーレ」ですが、残念ながら今回で最後となるようです。3日目の大トリには校庭の真ん中で「こんな学校があったらいいのに」という「妄想」が書かれた布をキャンプファイヤーのように燃やしました。

生徒やアーティストだけではなく、教員や保護者や地域の方々も引きこんで行われたなんとかナーレですが、それぞれの中に様々な思いとなって残っているのだと思います。
(中岡)

写真④グラウンド、最終日大トリの直前の様子
写真④グラウンド、最終日大トリの直前の様子