ゴームリーと佇む

 

アントニー・ゴームリー氏の鋳像が展示中の神奈川県立近代美術館葉山で、ワークショップ「ゴームリーと佇む 『音点(おとだて)』」が行われました。らくだスタジオは記録映像の撮影を行いました。
Hayama_Gormley-WS1_2012-12-16
サウンド・アーティストの鈴木昭男氏を講師としてお迎えして、屋外でお茶を点てる「野点」のように、像の設置されている葉山館周囲の音をゆっくりと鑑賞する「音点」が行われました。
葉山館は海と山に挟まれ、自動車の走る道路や民家もあり、耳を澄ませてみると驚くほど様々な音が聞こえてきます。
葉山館では来年3月頃まで像の展示を行なうようです。また葉山館では今後も興味深いワークショップが行われる予定です。公式ページから今後のスケジュールや最新の情報の確認ができます。
夏に設置をしたゴームリー像も、潮風の影響でよく見ると趣が変わって来ました。一度訪れたことのある方も、ワークショップに参加して、変化した表情を鑑賞してみてはいかがでしょうか。
(中岡)
  • ワークショップ(2)1月20日「形の内と外 – 形をとる」
  • ワークショップ(3)2月2日「能を体験しよう」

らくだスタジオ ホームページ (http://www.rakudastudio.com/)

  • らくだスタジオではワークショップの撮影を承っております。お気軽にお申し付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です